少女が買える街

少女が買える街 第1話|あらすじとネタバレ感想

人気のまるころんど先生と暗中模索先生の作品。

 

なんとも恐ろしい設定ではありますが

ロリ系好きにはたまらない作品になってます。

 

少子化対策が問題化し

政府が導入したのは

性交を学ぶための

「いくものがかり法」

 

しかし

この法案に間に合わなかった

「いけなかった世代」から

不満爆発

 

政府は保証対策として

ランダムで選ばれた男女が

特別奉仕活動従事者として

奉仕活動を義務付けられる。

 

なんだそりゃwww

 

正直ヤバい感じの内容だったけど

ショーケースに並ぶ

少女たちの水着姿には

ゾクゾクした。

 

そんなちょっとニッチな奴らには

堪らない作品。

 

今回は「少女が買える街」 第1話のあらすじと

ネタバレ感想をご紹介します!

 

ネタバレより

早く本編が読みたい方は

BookLive!コミック

「少女が買える街」で検索してくださいね!

少女が買える街 第1話 あらすじ

 

つまらない毎日を過ごす

一人の男性。

 

今日も仕事終わりに

コンビニ弁当を買いに行く。

 

食べることすら面倒に感じ

とにかく腹に入ればいい。

 

いつもの弁当とお茶

それと…

 

ガチャッ。

 

水着を着た少女たちが

ズラリとショーケースの中に

立って並んでいる。

 

この娘でいっか。

 

男は目が合った

可愛らしい女の子も

弁当と一緒に購入する。

 

他の少女たちは

ホッとした表情。

 

街には奉仕活動中と書かれた

上着を着て

買われた少女たちがチラホラ

歩いている。

 

さらに少女販売機なんてものもある。

 

少女たちは政府から

奉仕活動決定書がランダムに

配られる。

 

それを受け取った少女は

街に出て売られ

奉仕活動をしなければならないのだ。

 

帰宅した男性は

大してうまくもない弁当を食べながら

テレビを見ている。

 

安い給料で働かされ

彼女もできずに生きている男は

政府に不満だらけ。

 

苛立ちながら風呂へ入る。

 

そういえば

少女を買ったことを忘れていた。

 

ピクピク怯えながら

横たわる少女

 

体は汗ばみ

アソコはどろどろ

 

もう濡れている

 

この続きが見たい方は

是非BookLive!コミック

「少女が買える街」で検索だよ!!

少女が買える街 第1話 ネタバレ感想

 

「少女が買える街」

なんともおぞましいタイトルだよね。

 

政府からランダムで

奉仕活動の手紙が届くなんて

恐ろしい世界だ

 

自販機で売られてる少女のシーンは

さすがに引いたぞ!!www

 

でも、マニアックな奴らには

堪らない作品だと思うよ。

 

あとつまらない日々を過ごしてる男の気持ち

わかるなぁ~

 

もう毎日とにかく

食べ物が腹に入ればいいって感じ。

 

そんなときに

少女が癒してくれたらなぁ~

なんて気持ちになった。

 

変態www

 

それとデカパイ好きより

貧乳好き向きの作品だね。

 

小さなおっ○い

ツンっとたってる乳首

愛らしい。

 

衝撃的な内容で

あんまり好みではないんだけど

最後まで一気に読んじゃったよ。

 

2話からはもっと濡れ場

見られるのか??

 

早く続きを読まなくちゃ。

 

抜き抜きシーンを堪能したい方は

BookLive!コミック

「少女が買える街」で検索してくださいね!!